活動状況

災害情報と法と経済に関する研究会

主 査 :  林 秀弥

幹 事 :  井上禎男、西澤雅道

研究会主旨: 

2011年の東日本大震災の教訓を踏まえ、災害対策基本法が改正され、例えば、地域コミュニティの共助による防災活動を促進するための地区防災計画制度が創設され、地域住民等による災害時の情報の活用等に注目が集まっている。2016年4月に発災した熊本地震においても、避難所の運営等多様な分野で災害時の情報伝達の在り方が問題になっている。そこで、本研究会では、災害時の情報活用の在り方等について、関係分野における法的な議論も踏まえつつ考察を行うものとする。

          ※本研究会の略称は「災害情報法研究会」とする。

2018年度第3回災害情報と法と経済に関する研究会のお知らせ

タイトル : 

都市の防災教育研究と地区防災計画における女性の視点

        (地区防災計画学会第5回大会)

2018年度は、大阪北部地震、西日本豪雨、北海道地震等が発生し、改めて、自助・共助や地域コミュニティの防災力の重要性に関心が集まっています。そこで、第5回大会では、コミュニティ防災の教育研究に注力されている大阪市立大学都市防災教育研究センター(CERD)の御協力をいただき、大阪北部地震や台風等の被害を受けた大阪市で開催することになりました。
大会では、個人報告45テーマ、シンポジウム2本が予定されており、地区防災計画と都市の防災教育研究の関係のほか、地区防災計画の発災時の役割、日頃の地域活動や防災活動への影響、女性の視点の活用等について考察する予定です。

日時: 2019年3月2日(土)9:20~18:30(予定)
場所: 大阪市立大学杉本キャンパス (大阪市住吉区杉本3-3-138)
     JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)駅」下車徒歩約10分

     地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車徒歩約15分
主催: 地区防災計画学会、大阪市立大学都市防災教育研究センター
共催: 情報通信学会災害情報法研究会、(一財)関西情報センター
後援: 堺市、(公財)江頭ホスピタリティ事業振興財団
対象: コミュニティ防災に興味のある方(参加費無料)
※地区防災計画学会HPで申込受付

http://www.gakkai.chiku-bousai.jp/ev190302.html

 

シンポジウム① 「堺市北区五箇荘校区における地区防災への取組」
モデレーター: 生田英輔 (大阪市立大学准教授)
シンポジスト: 西山則夫 (堺市北区五箇荘校区自治連合会会長)
          山田浩己 (堺市北基幹型包括支援センターセンター長)
          岩城千映子 (堺市危機管理室危機管理課主幹)
          佐伯大輔  (大阪市立大学准教授)、 ほか
シンポジウム② 「地区防災計画と女性の視点」
モデレーター: 矢守克也 (京都大学防災研究所教授)
シンポジスト: 室﨑益輝 (兵庫県立大学教授・地区防災計画学会会長)
          加藤孝明 (東京大学生産技術研究所准教授)
          磯打千雅子 (香川大学IECMS准教授)
          阪本真由美 (兵庫県立大学准教授)
          山本美咲 (元高知市地域防災推進課(高知県立大学))

 

連絡先: 地区防災計画学会事務局 
〒530-0001 大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
一般財団法人関西情報センター気付
TEL:06-6346-2981  MAIL: info@gakkai.chiku-bousai.jp