活動状況

情報通信経済法学研究会

主 査 :  林 秀弥 (名古屋大学)

幹 事 :  福田 雅樹(早稲田大学)

研究会主旨: 

情報通信分野においては、ネットワークのブロードバンド化、インターネットの普及、通信と放送の融合等を背景として、事業者間の競争及び紛争の状況が変化 しつつある。一般競争法及び事業規制法についても、このような変化に対応し得るよう、両者の競合・協働関係を含め、解釈論及び立法論の双方を深めることが 必要となってきている。本研究会は、情報通信分野における事業者間の競争及び紛争に関する今日的な諸問題に関し経済法学の見地からの研究を行うことを目的 とする。

2016年度 第2回情報通信経済法学研究会のお知らせ

日 時 : 

2017年2月12日(日)13時~14時15分

場 所 : 

名古屋大学大学院法学研究科第1会議室(名古屋市千種区不老町)
*地図 http://www.nagoya-u.ac.jp/access/

招待講演
タイトル: ダークツーリズムとICTによる世界の把握
      -我々は如何に歴史と社会を捉えているのか?-
講演者: 井出明(追手門学院大学)

内容: 戦争や災害といった悲しみの記憶を軸に旅を作り上げるダークツーリズムの考え方は、誕生から20年を経て世界中に拡大しつつある。この講演では、ダークツーリズムの基本的な考え方を説明した後に、我々の世界認識の構造について、"ICTを用いた可視化"の観点から考察する。その上で、悲劇や辛酸を起点に社会を再構成することの意義とその可能性について、多面的な視座から捉え直す。

パネルディスカッション
パネリスト: 井出明(追手門学院大学)、林秀弥(名古屋大学)、福田雅樹(早稲田大学)

 

参加費 : 

無料

申込方法 : 

件名を「情報通信経済法学研究会参加申込」とし、氏名、所属、連絡先(電子メールアドレスまたは電話番号)を明記の上、下記メールアドレス宛までお申込ください。

         kenkyukai@jsicr.jp

備 考 :本会合は名古屋大学大学院法学研究科・経済法研究室及び情報通信経済法学研究会が

      シンポジウムの形式により共催するものである。