活動状況

マルチメディア研究会

主 査・幹事 :  関西センター

研究会主旨: 

マルチメディア情報通信空間は、メッセージ交換から仮想現実空間の構築、ペットロボ ットの出現などにまで発展してきた。今年度は「ポスト・デジタル社会」をキーワードとして、あらためてその本質について問い直す。

2017年度 第1回マルチメディア研究会のお知らせ

日 時 : 2017年9月24日(日)14:30~17:00

場 所 : 関西大学梅田キャンパス 7階 705教室

      〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
*本研究会はマルチメディア研究会との共催となります。

テーマ: Smartphones and Incidental News Consumption

発表者: Mikko Villi(ユヴァスキュラ大学〔フィンランド〕 教授)

討論者: 小笠原盛浩(関西大学社会学部 准教授)

司会: 岡田朋之(関西大学総合情報学部 教授)

概要:現代のニュース消費の根幹はスマートフォンのようなデジタルツールを通じて行われる。ユビキタスなメディア・アクセスの時代においては、人びとはそうしたメディアを使って生活しているというより、メディアの中に生きていると言ってもいいだろう。モバイル端末を通じたソーシャルメディアによるニュース消費には、紙の新聞やラジオ、テレビなどで接するニュースでは考えられなかったような形で、一日中晒され続けることになる(Boczkowski et al. 2017)。ニュース消費の重要性はオンラインメディアの配信でますます増大しており、それはソーシャルメディアを通じて人びとがニュースを友人や知人とシェアする点においてとりわけ特徴的である。ネット上の社会的ネットワークはユーザー同士のコミュニケーションの流れを形成し、メディア・コンテンツを供給する新たな可能性を生む。
モバイル端末の急激な増加は新たな「クロスメディア的ニュース消費者」を大量に生じさせつつある。かれらは、さまざまな端末を通じてコンテンツにアクセスしている。もう一つ、重要な用語として「超越的リーダーシップ(Trans-readership)」は、ひとつのプラットフォームだけではないニュース消費のあり方を示す(Fortunati et al. 2014)。ニュースコンテンツや社会的ネットワークへのネットを通じた絶え間なくまたユビキタスな接触によって、モバイル端末はメディア・コンテンツをシェアすることと、シェアされたコンテンツの消費の両方を支えている。モバイル・コミュニケーションとソーシャルメディアが結びつくことで、とくに若年ユーザーがソーシャルメディアのニュースをどのように消費するかという典型的な様式が「incidental news」という概念に特徴づけられるであろう。若年ユーザーのほとんどは、モバイル端末でプラットフォームに繋ぎっぱなしにすることからニュースを得ている。かれらはニュースを探し求めているわけではなく、常にニュースに出会っているのであり、脈絡なくクリックし、コンテンツにあまり時間を割かない。すなわちニュース消費はソーシャルメディアにおけるより幅広い社交性の形式に統合されていくのだ。

 

(なお、当日の報告は英語で行われるが、日本語への逐次通訳をおこなう予定である)

参加費: 無料

申込: 不要